読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まださなぎ(旧)

誰かさんの蝋の翼。気負わず気楽に書いてくよ。

個人的な話:占いに行ってきたよ!

雑記 雑記-個人的な話

 

占いに興味がある人がタロットカード持ってるとは限らない。

が、タロットカード持ってる人が占いに興味がない……可能性は限りなく低いはず。

 

そんなこんなで、僕も二度目の占いに行ったの。

どんなこんなわけでの、ミニレポ+αな記事。

 

 

一、占いの内容

 

結論から言えば、「かなり良かった」。

もう少し詳細に言えば、「四柱推命で占ってもらって、いろいろアドバイスをもらった」。

 

「生年月日からあれこれして結果を出す占い」と言えば、

占いに興味がある人は四柱推命を思い出すことだろう。

 

中国生まれのにくいヤツ。

知らない人はwikipedia先生でお願いします。「四柱推命 - Wikipedia

 

もらった占い結果とアドバイスをまとめるとこんな感じ。

  • あなたは『庚』の人
  • 『庚』は行動力があるが、飽き性で忍耐力に欠ける
  • あなたは五行全ての要素がある『五行周流』で、周りの人に可愛がられる方
  • だから甘えてしまいがちだけど、甘えてはダメ
  • ちなみに五行周流はちょいレア。一日に一回も出ない時もある
  • 心を強く持て
  • 一月、二月、三月は動いちゃダメ
  • 七月、九月は過失から怪我したりするから注意すべし

 

まー、見に覚えがあるかないかで言えば……めっちゃあることばかり。

 

うーん、良いこと聞いたな!

 

「占い師には話術が必要」と言っていただけあって、お話がうまい。

話術と占術と、両方を組み合わせて良い感じの時間を引き出してるんだなあ!

 

……という風にまとめて、占い師先生の手法について考察するつもりだった。

家に帰ってきて、興味本位から四柱推命調べ始めるまでは。

 

二、ちょっと待って考える時間をください

 

大原則を述べれば、占いは「手段と占い師によって結果が変わる」もの。

そりゃ当然のことで、一つの占いが完全な真実を導き出すものじゃない。

 

むしろ、結果を考察して考えるところが楽しい。

 

こんなふうに述べてる時点で、察しがつくかもしれないけれど。

 

ほら……ネット上の四柱推命占いを見つけると、さ。

興味本位で……試したくなるじゃん。

 

「む? 昼間の結果と五行の数値が違ってる。方式によって異なりがあるのかな」とか。

「なるほど、流派が幾つかあるのかー」とか。

「おお、このサイトは本格的な結果出すんだー」とか、見てみるじゃん。

 

僕は中々にウキウキしてた。

www.koufuku.ne.jp

このサイトが本格的で、正確(だと素人目には見える)な項目を出していたからだ。

 

僕は中々にウキウキしてた。

結果画面をスクロールして、特定の項目に辿り着くまでは。

 

以下、そのページより引用。

 

悪い作用をする

 

[月柱との空亡]
夫婦縁または兄弟友達縁薄くなる

 

~血刃~
遺伝性の病気をもつ傾向の星です。

~咸池~
男女共恋多き人生で、その災いを受けやすい傾向の星です。

~喪門~
親・兄弟・肉親に不幸の暗示です。

~囚獄~
刑事事件や、警察・税務署からの呼び出しを暗示する星です。

~隔角~
孤独で、家族の縁が薄い星です。

~飛刃~
感情のコントロールが下手、起伏の激しい性格の星です。自ら死に走ることもあります。

~魁ごう~
感性が鋭く、文学・芸術の才能に恵まれますが、対人関係で波乱を招く傾向がある星です。

 

まー、見に覚えがあるかないかで言えば……めっちゃあることばかり。

って、えっ?

 

……えっ?

 

正直なところ、かなりビビった。

急いで両親(ちなみに存命)の生年月日打ち込んで見たら、さらにビビった。

 

「もしかしてここ共通してるかなー」って部分が、まるきり同じだったからだ。

 

気分はまるきり、ミステリー作品の登場人物だ。

恐らく、驚きながら振り返れば真犯人を見つけられたことだろう。

 

三、四柱推命ってスゴイ、改めてそう思った

 

一応言っておくと、占いは必ずしも当たるものじゃない。

この場合だって「ごくありふれた内容で、十人に言えば十人に当てはまる」とも言える。

 

完全なる未来予知を行うものだとか、過剰な信頼は禁物。

節度を持って、参考程度にしておきましょう。

 

僕も、僕も……うん。

とりあえず、「一、二、三月は動いちゃダメ。七、九月は注意」というアドバイス。

 

それだけは守ろうと思いました。まる。

 

落ちも何もないけど、これで記事は終わり。

もしよかったら、貴方も酒の席の余興程度に行ってみてね。

 

 

……はー、マジかー。驚きがまだ消えない。

占いに対する興味が、がっと深まったよう……。

広告を非表示にする